ボディのシャンプーに関するコツ

ガソリンスタンドでよく見かけるようになったセルフ式の洗車機がありますが、洗車機ではボディ全体に非常に細かテクスチャー03い傷がついてしまう可能性がゼロではありません。こうした傷をつけたくないのであればやはり丁寧に手洗いすることをお勧めします。車体を洗い上げる場合にはいくつかのコツがあり、これさえマスターしてしまえば洗車も簡単に済ませることができます。洗車の中でまず初めに大事なポイントは丁寧にシャンプーをかけることによってボディについた汚れをきれいに洗い落とすことです。そのためにシャンプーをかける前に十分に水をかけ、細かい砂やごみを洗い流しておきます。その次にバケツなどにシャンプーの原液を入れ水かぬるま湯でたっぷりと泡立てます。そしてたっぷりの泡をつけた大き目のスポンジでボディを洗いますが、その際必ずボディの上から下という流れを守ってください。つまりルーフからはじまってボンネット、サイドドア、トランク、モール下という順番です。モール下には水をかけた後でも細かい石がこびりついている場合がありますから、モール下を洗ったスポンジで再びボンネット等は触れないように注意します。ボディ全体を泡で洗ったら、もう一度たっぷりと水をかけ泡を洗い落とします。これで洗い傷をかなり抑えながら洗車することができます。ぜひ一度試してください。

Comments are closed.