Archive for the ‘未分類’ Category

ブレーキパッドの点検項目

自動車は「走る」「止まる」「曲がる」が重要です。
その中で「止まる」に着目してみましょう。
走ることができれば当然止まることが出来なければ大変危険です。
自動車を止める時はブレーキペダルを踏み込み、油圧で踏み込んだ力を大きくし、油圧によってブレーキキャリパーのピストンを動かし、パッドでブレーキディスクを挟むことによって自動車は止まります。
当然大事な項目になってくるので定期点検、車検時には必ず点検する項目に入ります。
その中のブレーキパッドについて説明させて頂きます。
まずこの部品は消耗部品になるので、定期的に点検しましょう。
新品時では約11㎜あります。
ブレーキの踏み具合、ブレーキの使用頻度、パッドの硬さにもよりますが30,000km走行すると4㎜〜6㎜程になります。
パッドによってはもっと減っている事もあるので定期的にパッドの残量は見るように心掛けて下さい。
いくらパッドの残量が無くなっても交換の義務なく、たとえ1㎜でもブレーキの制動力が確保されれば車検は通りますが大変に危険ですので、4㎜あたりから交換を意識していきましょう。
パッドが1㎜〜2㎜程になると、ブレーキを使用する度に音がなります。
この音というのは、パッドに「残量がないですよ」と知らせる金属が付いている為、その金属がブレーキディスクと擦りあって音がなる仕組みになっていますので、ブレーキを踏む度音が鳴るようであれば、必ずお近くの整備工場などで見てもらいましょう。

タイヤの点検項目

タイヤは車の中で唯一地面と接している箇所などで日ごろからしっかりとした点検をする必要があります。今回は初心者の方でもできる点検の仕方を紹介していきたいと思います。
劣化の仕方は長距離利用したことでゴムが削れて溝がなくなってしまうのと、ゴムが紫外線などでボロボロになってしまうひび割れができてしまうことの2種類あります。
ゴムが削れて溝がなくなってしまいますと雨の日に水を掃き出すことができなくなってしまうので、すべりやすくなりとても危険な状態となります。また、ヒビが入ってしまっているようなものですとゴムが硬くなり極端なことを言うとプラスチックみたいになってしまうので、きちんとグリップをしなくなり大変危険です。
次に具体的な点検方法について書いていきます。
側面を見ますと三角形が書いてあると思います。そこの延長線上にある溝が膨らんでいる箇所があると思います。これを「スリップサイン」といいます。これがほかの面と同じ高さになってしまっていたら法令違反となってしまいます。これが出る前の交換目安として100玉を溝にあてて1が見えたら交換というものがあります。
ヒビなどの劣化によるものは多少なら大丈夫なのですが、大きいものが入っている場合危険です。ただし、素人目での判断が難しいものなので、心配な方はガソリンスタンドなどでプロの方に見てもらってください。

点火プラグの点検項目

自動車のエンジンを動かすために欠かせないパーツは多くあります。エンジンはシリンダー内にピストンがありますが、これが上下運動してクランクシャフトを回して回転させます。
このピストンを上下運動させるためにガソリンと空気を混ぜた混合気を圧縮して爆発させて回転運動を生み出しています。
爆発させるためには火花が必要なのですが、その火花を生み出しているのが点火プラグなのです。
気をつけなければいけないのが、これは消耗品で点検または交換が必要なパーツなのです。そのまま走行を続けると燃費が悪くなってきたり、始動性が悪くなってきます。
プラグはエンジンのシリンダーヘッドについていて、自分でも確認することはできます。プラグを外す場合はプラグレンチで回してはずします。
プラグを外すと電極部分があり、ここが真っ黒になっているような場合はくすぶっていることがわかります。また白く燃えカスがついている場合は異常燃焼を起こしていることがわかります。
そして電極の角が丸くなっていると交換が必要な状態です。このようにプラグを点検することでエンジンの状態がわかるということと、本来の性能を発揮するためには交換が必要です。
通常の白金プラグは2万キロ程度で交換が必要となります。最近は長寿命イリジウムプラグがあります、これは10万キロで交換が必要となります。

バッテリーの点検項目

車のバッテリーは、希硫酸という電解液を使っているケースがほとんどです。
この電解液が電極と化学反応することによって、電気を蓄積したり放出したりができるのです。
気をつけなければならないのは、ほんのわずかずつ、液量が減っていくことです。
ある一定の量以下に減ってしまうと、破裂してしまう事態も引き起こしかねません。
ですから、定期的な点検が必要とされてくるのです。
特に冬場は、液温が下がることによって、能力が著しく低下いたします。
日常のメンテナンスを怠っていたり、あるいは老朽化している場合は、慣例の地域に行くと、エンジンがかからないことがあります。
温度の低いエリアに出かける前には、必ず、確認をしておくことが大切です。
液量と比重を調べることが、点検の大事なポイントです。
液量は適正範囲内にあることを確認し、もし不足しているようなら液を補充しなければなりません。
容器側面のアッパーとロワーのラインを見て、その範囲内に液が入っていれば合格です。
ただし、容器が見にくくて、液のある位置がわかりにくいことが頻繁です。
ですから、車をゆすったり、ライトで照らしたりしながら、液面を点検することが多いです。
また、比重は、上面のキャップを外して、比重計を使って調べます。
比重計の目盛りが1.26から1.28の間にあれば大丈夫です。

愛車をメンテナンス!要点検の項目とは?

せっかく買った車であれば、外観や内装をきれいに保つことに加えて、エンジンをはじめとする車の中の部分の調子も絶好調の状態を保ちたいと思うのではないでしょうか。その際、車を定期的にメンテナンスをしておくことが非常に重要になります。
メンテナンスにあたっては、専門の業者やディーラー等に定期的に点検を依頼することも一つの方法ですが、簡単なものであれば自分でも行うことができます。例えば、エンジンオイルの交換であれば、半年や5000キロの走行ごとをめどに交換することになりますが、方法さえ覚えれば大がかりな工具を用意することなく行うことができますし、自身で行えば外部業者に依頼する場合に比べて半額以下で済ませることができます。
他にも、ウィンドウォッシャー液の補充など、走行自体に大きな支障のない部分は、自身で手入れを比較的行いやすい項目が多いので、一度自身で行ってみることをおすすめします。
もっとも、ブレーキなどの重要保安部品については、自分の判断でメンテナンスを行うのではなく、定期的に自動車整備会社等に点検を依頼することが重要ですし、自分で行った場合でも、専門業者にも一度確認してもらうことをしておきましょう。

ワックス・コーティングがけに関するコツ 

自動車の塗装面を保護するものに、WAX(ワックス)とコーティング剤があります。
厳密にいえば、WAXと言えるものは、ヤシから採れる天然カルナバろうが100%のものだけです。
100%ピュアなカルナバろうは非常に硬く、カルナバろうを薄めるのに使われているのが石油系の溶剤です。
石油系の溶剤は酸化物質でもあるため、WAXがけして長期間放置すると、被膜自体が酸化して、塗装を酸テクスチャー06化させることにもなります。その為、一度WAXがけしたら定期的にWAXをかける必要があります。
WAXは、撥水性に優れ、艶やかな塗装面を作り出しますが、汚れを寄せ付ける性格があります。
WAXは、固型・液体・半練タイプの3種類あり、固型は耐久性がありますが、作業性は悪いです。液体タイプは作業性はいいですが、耐久性が欠けます。半練タイプは作業性・耐久性ともにそこそこです。
コーティング剤とは、フッ素系やシリコン系、チタン系などのポリマー成分が配合されたもので、高額なものが多く、作業時間もかかりますが、撥水効果もあり、汚れを寄せ付けません。
美人はすっぴんでも美人です。人間同様、WAX・コーティング剤どちらにしても、洗車が重要になります。下地が悪いものは何を施しても効果がありません。洗車をしたら水垢が付く前に拭き取ります。
拭き取りには、線傷が付かないようにクロスで行います。線傷がある場合はコンパウンド(研磨剤)で消してから、磨きますが、一気に仕上げるのではなく、少しずつ丁寧にやることが綺麗に仕上げるコツです。

水アカの取り方に関するコツ

水アカとは水の汚れではなく、塗装面に塗布されたワックスやミラーなどのグリースが染み出したものです。
また大気中にも油分が飛散しています。交通量の多いところを通ると塗装面に油が付着します。
このようなワックスやグリース、塗装面に付着した油分劣化したもので、雨などによって流れてしまうとスジ状になってしまいます。
特に白系統の車は黒っぽい水アカが目立ってしまいます。黒系統の車はあまり目立ちませんがやはり全体に色がくすんだようになってしテクスチャー05まいます。
水アカ取りには基本的には汚れが目立つ前に洗車をすることです。水アカも油分なので洗剤で落とすこともできますが、水アカがこびりついて層になってしまうと簡単には落とせなくなります。
白系統の車などはコンパウンドを使用する方法もありますが、これは研磨剤なので使いすぎに注意しなければボディを痛めてしまいます。
ボディ洗車のコツは汚れが目立つ前にシャンプーをするということです。ゴシゴシと擦る必要はありません、洗剤を使いたくさんの水で軽く洗い流すことです。強く擦ると傷をつけることにもなります。
それでも気になる場合は市販のケミカル剤を使用することです。
そして洗車の後にワックスを掛ける場合、これがまた水垢の原因にもなるためきれいに拭き取ることです。

鉄粉の取り方に関するコツ

車をきれいに保ちたいと考えている方にとって、汚れは頭を悩ますものだと思いますが、なかでも鉄粉は他のホコリなどと異なり、簡単に洗い流したりできない点が厄介な点といえるのではないでしょうか。鉄粉は、とがった形をしていることから、塗装の上に貼り付くというよりもむしろ、塗装の中に刺さるような形でくっついてしまうため、洗い流テクスチャー04すことが困難なのです。
そのような鉄粉ですが、うまく取り除こうとする場合は、急いでシャンプーで洗い流そうとすると逆効果となります。まずは、水洗いでできる限り鉄粉を塗装から浮かせ、シャンプーについてもできる限り力を入れすぎないように注意しながらゆっくりと施すことが重要です。このようにすることで、鉄粉を浮かせた状態で洗い流せるので、車にさらに傷が入ってしまうことを防ぐことができます。
もっとも、鉄粉取りにあたっては、市販のグッズでも対応可能なグッズは販売されているものの、完全に取り除くのは難しいのが現状ですし、こまめに取り除かずに長年にわたって付いてしまった鉄粉は特に取りづらいです。このように、鉄粉汚れがひどい場合は、自分で取り除くことよりもまずは専門の業者に依頼し、鉄粉を取り除いてもらうことをおすすめします。

ボディのシャンプーに関するコツ

ガソリンスタンドでよく見かけるようになったセルフ式の洗車機がありますが、洗車機ではボディ全体に非常に細かテクスチャー03い傷がついてしまう可能性がゼロではありません。こうした傷をつけたくないのであればやはり丁寧に手洗いすることをお勧めします。車体を洗い上げる場合にはいくつかのコツがあり、これさえマスターしてしまえば洗車も簡単に済ませることができます。洗車の中でまず初めに大事なポイントは丁寧にシャンプーをかけることによってボディについた汚れをきれいに洗い落とすことです。そのためにシャンプーをかける前に十分に水をかけ、細かい砂やごみを洗い流しておきます。その次にバケツなどにシャンプーの原液を入れ水かぬるま湯でたっぷりと泡立てます。そしてたっぷりの泡をつけた大き目のスポンジでボディを洗いますが、その際必ずボディの上から下という流れを守ってください。つまりルーフからはじまってボンネット、サイドドア、トランク、モール下という順番です。モール下には水をかけた後でも細かい石がこびりついている場合がありますから、モール下を洗ったスポンジで再びボンネット等は触れないように注意します。ボディ全体を泡で洗ったら、もう一度たっぷりと水をかけ泡を洗い落とします。これで洗い傷をかなり抑えながら洗車することができます。ぜひ一度試してください。