水アカの取り方に関するコツ

水アカとは水の汚れではなく、塗装面に塗布されたワックスやミラーなどのグリースが染み出したものです。
また大気中にも油分が飛散しています。交通量の多いところを通ると塗装面に油が付着します。
このようなワックスやグリース、塗装面に付着した油分劣化したもので、雨などによって流れてしまうとスジ状になってしまいます。
特に白系統の車は黒っぽい水アカが目立ってしまいます。黒系統の車はあまり目立ちませんがやはり全体に色がくすんだようになってしテクスチャー05まいます。
水アカ取りには基本的には汚れが目立つ前に洗車をすることです。水アカも油分なので洗剤で落とすこともできますが、水アカがこびりついて層になってしまうと簡単には落とせなくなります。
白系統の車などはコンパウンドを使用する方法もありますが、これは研磨剤なので使いすぎに注意しなければボディを痛めてしまいます。
ボディ洗車のコツは汚れが目立つ前にシャンプーをするということです。ゴシゴシと擦る必要はありません、洗剤を使いたくさんの水で軽く洗い流すことです。強く擦ると傷をつけることにもなります。
それでも気になる場合は市販のケミカル剤を使用することです。
そして洗車の後にワックスを掛ける場合、これがまた水垢の原因にもなるためきれいに拭き取ることです。

Comments are closed.