タイヤの点検項目

タイヤは車の中で唯一地面と接している箇所などで日ごろからしっかりとした点検をする必要があります。今回は初心者の方でもできる点検の仕方を紹介していきたいと思います。
劣化の仕方は長距離利用したことでゴムが削れて溝がなくなってしまうのと、ゴムが紫外線などでボロボロになってしまうひび割れができてしまうことの2種類あります。
ゴムが削れて溝がなくなってしまいますと雨の日に水を掃き出すことができなくなってしまうので、すべりやすくなりとても危険な状態となります。また、ヒビが入ってしまっているようなものですとゴムが硬くなり極端なことを言うとプラスチックみたいになってしまうので、きちんとグリップをしなくなり大変危険です。
次に具体的な点検方法について書いていきます。
側面を見ますと三角形が書いてあると思います。そこの延長線上にある溝が膨らんでいる箇所があると思います。これを「スリップサイン」といいます。これがほかの面と同じ高さになってしまっていたら法令違反となってしまいます。これが出る前の交換目安として100玉を溝にあてて1が見えたら交換というものがあります。
ヒビなどの劣化によるものは多少なら大丈夫なのですが、大きいものが入っている場合危険です。ただし、素人目での判断が難しいものなので、心配な方はガソリンスタンドなどでプロの方に見てもらってください。

Comments are closed.